ハッピーエンド主義デジタル

おにぎりと申します。イベントのお知らせとか長文を載せます。

声月肆のこと。

5月5日大田区産業プラザPIOで開催される「この声届け、月までも肆」に参加します。
B15「ハッピーエンド主義」です。

おしながきです。

f:id:hpedpr:20180502000800j:plain

 

詳細は長くなるので「続きから」でお読みください。

 

  • 新刊について

新刊はゆかり→マキ←マリーの三角関係漫画です。
正直、描いててこれは三角関係なのか???って感じの女の友情モノな話になってしまったので、修羅場百合をお求めの方はご留意ください。

A5、44p、500円です。先着で表紙絵のポストカードが付きます。

表紙はこちら。

f:id:hpedpr:20180502000519j:plain

 

本文サンプルはPixivに前半まるっと、多めに掲載しているので、是非ご覧ください。

www.pixiv.net

お話としては、

「弦巻マキ、天音カナ、鼓リズムが高校を卒業して数カ月、jamバンドは変わらず活動を続けていた。

進級した御手師マリーは鼓カノンと共に練習に励んでいたがマキへの憧れが恋心へと変わっていることを自認していた。
想いを告げなくてもいい、ただ先輩と後輩のこの関係がいつまでも続けばいい―

そう、願っていた。

ある日、jamバンドの練習にマキの大学の友人であるという有名歌手の結月ゆかりが現れる。
ゆかりもまた、マリー同様マキへの恋情を募らせていた。

ゆかりの「宣戦布告」をマリーは受け、決意を固めるが―

一人の太陽に焦がれた二人の恋はどのような結末を迎えるのだろうか―
これは、互いの想いが交差する三角関係と、女の友情の物語。」

という話だそうです。

要は、jamバンド3年生組が卒業してからのお話ってことですね!

既刊の『これからもっと話をしよう』はその前のお話になっていて、繋がってる部分があるので、そちらをお持ちの方は読み返してから、お持ちでない方は残部あるので読んでから、新刊を読むとわさげだと思います!


今回はロゴデザインや裏面デザイン頑張りました!
本当は商業誌風に裏面にバーコード用意したかったのですが、時間がなく断念…

個人誌の部数としては史上最多部数刷ったので、ゆっくり来てくださいね…!

 

  • 無料配布について

無料配布はシールとペーパーです。

自分が晴れ女なので、それにちなんで晴天祈願シールを作成しました。

f:id:hpedpr:20180502001046j:plain


自意識過剰にも程がありますね。

A7サイズ(A5の1/4)ぐらいで、貼って剥がせる透明シールになってるので窓にでも貼ってくださいw

当日は籠か何かに入れておくのでご自由にお持ちください!


ペーパーはアンケート取ったら結果がこんな感じでして…

とりあえずきずマリ(あかりちゃんとマリーちゃん)の漫画を描くことにしました。

絶賛作業中なので、間に合わなかったらごめんなさい…!

 

  • 既刊について

既刊はいつも通りですが、『これからもっと話をしよう』が残部少なめです。
jamバンド論文』は嵩張るので、持ち込み部数少ないです。(家にはまだまだあるよ!!!)
他既刊は30冊程度あるので、大丈夫だと思います。

『交流成華』は初版分と再版分、混在で頒布致しますが、先に再版分を出します。
再版分は、奥付と一部の誤字修正以外内容に変更点はございませんが、表紙が特殊紙PP加工だったのに対し、アートポストPP加工+蛍光グリーン遊び紙に仕様変更となっていますので、ご了承ください。
なお、どちらにも特典のクリアファイルは付きます。

あと、名古屋で何故か完売してしまったおにぎり缶バッジですが、ようやく再版しました。
宅配荷物に入れ忘れたので、手搬入です…
今から梱包します。

 

  • 寄稿等

1.『ギャラおね★すたーばーすと!』、漫画寄稿

黒瀬しおや様主催のギャラおねアンソロジー『ギャラおね★すたーばーすと!』に漫画を4ページ寄稿しております。

 


f:id:hpedpr:20180502001236j:plain

 

新刊もある意味青春モノですが、こちらも青春の1コマなお話です。ホント、青春モノと家族モノ好きですね、私。

ご興味ある方は是非! 

 

2.『結月ゆかり文化論』・寄稿

結月ゆかり研究会様主催の『結月ゆかり文化論』に「結月ゆかり書誌学概論」なる文章を寄稿致しました。

その昔、ゆかりさんの記事が載っていた「ボカロplus」という雑誌について探求しています。

あと、jamバンド考古学者の端くれとして、「残すこと」の大切さについて解かせていただきました。

 

3.「マキマキファンクラブ会報」編集

声月肆内のプチオンリー「マキマキファンクラブ」の記念合同誌『マキマキファンクラブ会報』の編集を致しました。

詳細は下記サイトをご覧ください。

makimaki-fanclub.net

せっかく自分が編集するので、好き勝手やらせてもらい、マキマキ尽くしの1冊にしました。色使いだけでなく、フォントにもこだわりました。

合同誌のノベルティのカードと封筒も自分がデザインしました。

正直、めっちゃくっちゃ頑張ったので見てください!!

 

当日について

当日はいつもの如くバタバタしていて、私が席を外している場合もありますが、何かご用がありましたら売り子にお申し付けください。
優秀な売り子が私に電話をして、おにぎりが飛んでいきます。

よろしくお願いします!